鬼ごっこルール(WOR)

2007年1月14日 (日)

①国内版、鬼ごっこルール(トータル)

 これは、WOR用に考えた鬼ごっこのルールです。

 二回ほど、実行したあとやってません。

  • 基本ルール

 鬼は、鬼じゃない人(仮・獲物)を追います。
 獲物は指定された時間に、街の守備兵に攻撃を仕掛けます。
 で、できごとで、その人がどこの町にいるかでてきます。
 鬼は、その30秒以内に同じ街に攻撃を仕掛けます。
 で、街がかちあったら、獲物はつかまってしまったことになります。

 これだけがルール。
 ただし、攻撃して、街守備に勝ってしまうと、守備放棄できませんから、獲物は、次の追いかけっこターンで「捕まった」ことになってしまうし、鬼は「そこでリタイヤ」になってしまいます。
 自分より確実に強い相手、そして自国外の支配街にしか攻撃はできませんから、街がいくつもあるといっても限られてきます。気をつけましょう。
 ちなみに、マルチ鬼を考え中です♪(守備はずれられない人が、数人鬼をやります。出来事への働きかけとして、クリスタルで収益回収という手段を用います。これをやると、30秒以内なら、ほぼ確実に一人捕まえられますね♪)
   
 まあ、なんにせよ、このゲームは要塞や街の「守備兵」でいると、遊べないので、そのあたりは十分、ご注意を♪ 

  • 獲物の人 

 
 部隊内でみんなで、それぞれがどこに逃げるか、お話あいする。
 一箇所に何人か攻撃すれば、リスクは減りますが、マルチ鬼ルールだと、一網打尽になりますので、気をつけましょう。
 自分より強く、鬼より弱そうな敵を探してぶつかるとよいです♪
 マルチ鬼ルールの時は「収益」がたまっていない街に攻撃をしかける、という手もありますが、技はいくらでもあるので♪ 

 潜伏街の見つけ方は、「街の守備」を見て、決めましょう。
 自分が勝てなさそうな相手を探してください。

 2ターン目からは、自分がいたところや、鬼がいたところがばれてたり、わかったりしてますので、うっすら「範囲」を予想できるかもです。(15分あれば動けちゃいますが。。。

  • 鬼の人

部隊内で、話し合い、場所がかちあわないようにしましょう。
 で、獲物が出てきそうな街を選んで潜伏♪
 獲物が来たら、街の守備兵に攻撃をしかけて、場所が重なったことを示す♪

  • ログ係の人

ログ係りの方は鬼ごっこ自体には参加しない方が吉。というか、出来事ログ見張ってください。
 一応参加人数は獲物10人、鬼10人まで。これなら、勢力図で確認すれば、余裕で見られます。
 それを記入。だいたい基準の+-2秒をセーフ。
 それ以外の人はペナルティなり、ポイント減で。 

  • マルチ鬼

クリスタルを全部集めて、適当な町で待機。
 決められた時間に獲物が出来事に登場するので、その街へ「移動」して、資金を回収。

 このとき、収益が五万になっていない場合。
  
 修理費高い武器防具を使いまくっておいて修理する♪  レアは一回使うと五千円ぐらい(ラグナロク計算)♪ お高い鎧と合わせとくと「30万」はすぐ超えてしまう・・・♪(五万になるには、30万分の修理費だそうです。
 HPが高く、すぐに五万になりそうな金額だったら、「宿屋」を何度か利用してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)