ニュース

2008年6月 2日 (月)

そちら側に近いから・・・。。。

 江東の神隠し。

 犯人は、本当は女の人を襲うことが目的だった、わけではないんだと思う。

 ・・・殺して、綺麗さっぱり消して見せたかったんじゃあないだろうか。

 何、それ? と、健全な人たちにはこの意味わかんないと思う。

 彼の中では、目的と手段の重さが狂っているのです。。。

 難易度の高いパズルを達成すると「深い喜び」があるのと、同じこと。

 彼が女のヒトとちゃんと「付き合っていれば」こんな事件にはならなかった?

 んなわけないのです。

 彼は人を殺したかったのだから。誰にも知られずに処理して、自分だけが「彼女」が消えたことを知っている、彼女がどうなったか知っているという神ような優越感に浸りたかったのだから。

 テレビカメラの前で、饒舌にもなりますよ。

 まんまとやり遂げたことを誇示したくてしかたなかったのだから。

 もし事件にならなかったとしても、彼はこう言って周囲の注意を引いてしまったことでしょう。

「最近、隣の隣の人、見ないけど、なんかあったの?」と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

<光母子殺害>元少年に死刑判決 裁判長は新供述「不自然不合理」、情状「斟酌する理由みじんもない」

 これの弁護団の発言を聞いていると・・・こいつらはこの被告の元少年を助ける気皆無なんだろうなーと思ったのは、おいらだけだろうか?

 彼を死刑から救うには「精神異常であるから責任能力なし」しかなかったわけだよ。

 なのに、別のやり方で無謀に争った。あの論述を信じる人間いないだろう。そんなのわかるだろう、頭いい人が弁護士になるのだから。 

 被害者遺族のココロを傷つけることで、世論をみんな敵に回して見せた。 弁護団、何気に元少年の死刑判決後押ししてないか?

 なりふりかまわず、死刑制度をなくしたいのなら、この元少年をもっと使い潰せばよかったのだ。

「これだけひどいことをした少年でも、悔恨にくれ、被害者に対して申し訳ないと思っている」とかでね。

 それを、罪を認めず、殺す気なかったとか、言い出しちゃ。

 潔く罪を認めた死刑囚として、悔いる姿を最期まで追うべきであったな。

 

 この男が、かわいそうだなーと、おいらは思う。

 文通していた友人にも裏切られて、あの最低な手紙は世間の目に触れることになり、生きたいとあがけばあがくほど周囲から憎しみを向けられて「死刑」に近づく。

 判決が下りれば、今の文部大臣は・・・よく執行の判子を押してるみたいだから、なんかいい感じ?

 この男がかわいそうでかわいそうで、おいらは思うよ。

 早く死刑にしてやってくれ。

 死ぬのは怖いだろうから。

 怖い時間を長引かせないでやってくれ。

 事件を起こしてから、彼のそばにいた人間たちを見てみれば、その前からいた連中がどんなんだったかわかろうものだ。 どー良く見ても、更正する余地がない。。

 せっかく生まれてきても、魂を得られない人間というのは、いるものだ。なぜ、この元少年は生まれてきちゃったのか。

 更正の機会が本当はあったかもしれない。

 でも、それを完膚なきまでに奪ったのは、「手紙を公開した友人」と「彼を守ってあげるとかほざいていただろうに、こうして裏切りまくった弁護団」。彼がもはや人間を信じることはないだろう。信じられなければ、更正もない。

 おいらの思ったとおりの、この回りくどい「正義」をこの弁護団がマジで行使したとしたら。

「あんたらはもう・・・弁護士ぢゃない・・・。」

 と、おいらは思う。

 あがかせるべきではなかった。

 その醜悪な見世物を喜ぶ連中はいるにしても、多くの人は不愉快だったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

?疑問?

国内

「別れ話もつれ」19歳女性殺害、19歳少年を逮捕…高松

11月9日13時4分配信 読売新聞


 香川県警高松南署は9日、別れ話のもつれから、交際していた女性を殺害したとして、高松市の専門学校生の少年(19)を殺人容疑で逮捕した。

 調べでは、少年は8日午後8時30分ごろ、自宅マンションの室内で、別の専門学校に通う高松市三条町、白石好美さん(19)の頭などを狩猟用のなた(刃渡り25センチ)で数回切りつけ、殺害した疑い。

 9日午前0時5分ごろ、高松市内の公衆電話から男の声で、「女性の悲鳴が聞こえた」と110番通報があり、同署員が付近を捜索。少年のマンションで、白石さんが頭から血を流し、浴室で死亡しているのを発見し、部屋にいた少年は「すいません。殺しました」と認めた。凶器とみられる血痕の付いたなたは、マンション近くで見つかった。

★ ☆ 

 何ゆえに、同じ年なのに、男は「少年」で、女は「女性」なのだ?? 彼が学生で、彼女が社会人だというのなら「少年」と「女性」でもよかろうが。両者とも、学生なのに。

 女性と表記したら「男性」だろうに?  『19歳女性殺害、19歳男を逮捕』or『19歳「少女」殺害、19歳少年を逮捕』であるべきだろうに。

 いやはや。 

 書いた人間の顔がみたいわ♪(←いちいち小うるさい人

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

台風♪

  雷が降るといい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

しんちゃん

えげつないというか汚い商売する、中国・・・

 クレヨンしんちゃん版権を持っている日本の会社が中国で売りに出そうとしたら、著作権無視して登録して商品を出していた中国の会社の権利を中国政府は認めて、販売を許可しなかったそうだ。

前にもこの話はあったけれど。 今回は政府が正式に「やったもんが勝ち・正しい権利は無視。身内は悪い奴でも利益保護」との意向をきちんと出したわけで。

 おいら、中国人とは付き合いたくないな・・・と思った。

 まあもっとも。

 おいらは、韓国人もオーストラリア人(白人)もアメリカ人も嫌いだから♪

 その中に一つ、国が加わっただけ。生きていけば生きていくだけ、キライなものが増えるのですー♪満遍なく嫌ってしまえばそれは「差別」ではないのです。(屁理屈♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)